内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪とは?

 

人間の体には脂肪がついています。

 

その脂肪のことを体脂肪といいますが、体脂肪には内蔵脂肪と皮下脂肪の2種類に分けることができます。

 

皮下脂肪と言うのは目に見えてついているのがわかる脂肪なのですが、内臓脂肪と言うのは、名前の通りに内臓周りに付いている脂肪のことなので、目に見える脂肪ではありません。

 

目に見えないからと言って、付いていて良いものではありません。

 

内臓脂肪は、女性よりも男性につきやすい脂肪です。

 

男性の方が内臓脂肪がつきやすいのは、ホルモンの影響と、高カロリー、高脂肪の食事が男性の方が多く摂りやすいからと言う事も理由の一つのようです。

 

内臓脂肪が増えすぎると、高血圧や高血糖、糖尿病など、生活習慣病を引き起こす原因となってしまうのです。

 

メタボリックシンドロームが注目されているのはこのことからです。

 

ダイエットをすると、体重を減らすことばかりが考えられてきましたが、体重よりも内臓脂肪を落とすことが大切と言われるようになってきました。

 

最近は、見た目はスリムなのに、内臓脂肪がたっぷりついている隠れ肥満が増加しているようです。

 

隠れ肥満でも、内臓脂肪が多いと言うことは健康に悪影響を与えてしまいます。

 

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落としやすい脂肪なので、運動や食事、生活習慣の改善などで内臓脂肪を減らしましょう。