内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪が多すぎるとどうなりますか?

 

最近、注目されているメタボリックシンドロームですが、男性の場合にはお腹周りが85センチ以上、女性なら90センチ以上だと危険信号です。

 

そのぽっこりお腹の原因は、ほとんどが内臓脂肪のようです。

 

内臓脂肪というのは、名前からもわかるように内臓周りについている脂肪のことで、目には見れません。

 

内臓脂肪量を知るには、CTか体組成計などを使用する必要があります。

 

最近は、見た目は普通なのに内臓脂肪がたっぷりついている隠れ肥満が増加していると言われています。

 

隠れ肥満でも、隠れていなくても、内臓脂肪が多すぎると生活習慣病のリスクが高まってしまいます。

 

そして、それがさらに悪化することで、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こしてしまうかもしれません。

 

ただスタイルが悪くなるだけではなく、健康にも大きく影響してくるのです。

 

しかも、内臓脂肪が多いことが原因となり、死に至ることもあるのです。

 

体型のためにも、健康を維持するためにも、内臓脂肪は適正値を保つように心がけたいですね。

 

もし内臓脂肪が多いということになれば、バランスよくヘルシーな食事や、適度な運動で脂肪を燃焼することを心がけましょう。

 

内臓脂肪は少なすぎても、体に悪影響を及ぼしますが、多くてもいいことは全くありません。

 

適正値は年齢や性別によっても違うので、自分の適正値と内臓脂肪量を知り、適正値を保ちましょう。