内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と体脂肪の違いは何ですか?

 

体脂肪と言うのは、内臓脂肪と皮下脂肪を合わせた脂肪のことです。

 

つまり、体全体についている脂肪のことです。

 

内臓脂肪と言うのは、体の中の内臓周りにつきやすい脂肪で、ぽっこりお腹の原因と言われています。

 

リンゴ型肥満と言われている人は、内臓脂肪がたくさんついている状態です。

 

内臓脂肪が多くなると、生活習慣病のリスクが高まるとして、健康診断の検査に腹囲測定が取り入れられるようになりましたね。

 

腹囲が大きくなるとその分、内臓脂肪が多いということにつながり、男性の場合には85センチ以上、女性の場合には90センチ以上が危険と言われています。

 

内臓脂肪は、男性につきやすい脂肪と言われていて、皮下脂肪は女性につきやすい脂肪と言われています。

 

皮下脂肪は、お腹などを掴んだ時に掴める脂肪で、腰周りやお尻、太ももなど下半身につきやすい脂肪です。

 

内臓脂肪は代謝が早いので、皮下脂肪に比べると減りやすい脂肪だと言われています。

 

体脂肪は、体脂肪計で測ることができるので、自分の体脂肪率を知っておくことは、健康管理にも役立ちます。

 

ただ、体脂肪計では、内臓脂肪量だけを知ることはできないので、体組成計やCT検査などで測定すると良いでしょう。

 

内臓脂肪と皮下脂肪は違うので、どちらの脂肪が多いかによって、運動方法なども違ってきます。

 

まずは自分の体脂肪率を知り、どちらの脂肪が多いかということを知ることが大切です。

 

男性の場合は体脂肪率が20%以上、女性の場合は体脂肪率が25%以上で肥満だと診断されます。