内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは何ですか?

 

内臓脂肪と皮下脂肪は、同じ脂肪でも違いがあるのです。

 

内臓脂肪と皮下脂肪は、合わせて体脂肪と言います。

 

どちらも体についている脂肪のことを言います。

 

中年男性にありがちな、ぽっこりお腹の原因となっているのが内臓脂肪です。

 

内臓脂肪とは、名前の通りに体の中の内臓周りにつく脂肪のことで、目には見えません。

 

ですが、お腹周りにつく脂肪なので、ぽっこりお腹の原因となってしまうのです。

 

ぽっこりお腹は中年男性に多いと言うことからもわかるかもしれませんが、男性に付きやすいと言われている脂肪が内臓脂肪です。

 

それに比べて皮下脂肪と言うのは、腰周りや下半身につきやすい脂肪で、女性につきやすいと言われています。

 

皮膚の内側についている脂肪で、手でつまめるのが皮下脂肪です。

 

内臓脂肪は、つきやすく取れやすいと言われているのですが、皮下脂肪は、つきにくいけれどついてしまうとなかなか取れないという特徴があります。

 

例えば、有酸素運動をして最初に使われるエネルギーが内臓脂肪で、内臓脂肪からエネルギーを使えなくなった場合に皮下脂肪のエネルギーが使われます。

 

そして、皮下脂肪は多くても病気になるリスクはあまりありませんが、内臓脂肪は増えすぎてしまうと高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まってしまいます。

 

ですから、食生活を改善したり、運動を取り入れたりして、適正値を保ちたいですね。

 

皮下脂肪は病気の心配はないにしても、スタイルの問題があるので、どちらの脂肪もすっきりと減らしたいものですね。