内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と中性脂肪の違いは何ですか?

 

ダイエットは、体重を減らすよりも、体脂肪を減らした方が良いと言われています。

 

体脂肪を減らそうと思い、その方法を調べてみると、体脂肪だけではなく、内臓脂肪や皮下脂肪、コレステロール、中性脂肪など、同じような言葉ばかりが出てきて、何がなんだかわからないという人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、その言葉一つ一つをしっかりと理解することが、効果的に脂肪を減らすことにつながるかもしれません。

 

では、内臓脂肪と中性脂肪は何が違うのでしょうか。

 

内臓脂肪とは、体脂肪の一つで、体の中の内臓周りについている脂肪です。

 

男性につきやすいと言う特徴があります。

 

そして、中性脂肪と言うのは、血液中にある脂肪のことでコレステロールや遊離脂肪酸などで構成されています。

 

中性脂肪が皮膚の下につけば皮下脂肪として蓄積され、内臓の周りつけば内臓脂肪として蓄積されます。

 

つまり、中性脂肪は体脂肪の元となる脂肪です。

 

中性脂肪は、動物性脂肪が多く含まれる肉類やケーキなどの糖分が多い食べ物を摂り過ぎると増えてしまいます。

 

中性脂肪は、体に蓄えられているエネルギーです。

 

運動をすることで燃焼されるのですが、燃焼されずに残ってしまうと体脂肪となり、内臓脂肪や皮下脂肪の元となるのです。

 

ですから、内臓脂肪や皮下脂肪を増やさないためには、食べ過ぎ飲みすぎに気をつけ、中性脂肪を摂り過ぎない事です。

 

そして、運動を取り入れて中性脂肪を燃焼させるようにすることで、内臓脂肪もたまりにくくなるのです。

 

体脂肪率を高め、生活習慣病のリスクを高めないためにも、内臓脂肪の元になる中性脂肪を減らし、消費するようにしましょう。