内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪はどの内臓に脂肪がつくのですか?

 

最近は内臓脂肪がたっぷりとついている隠れ肥満の人が増えているようです。

 

中年太りやビール腹などのぽっこりお腹の原因の多くも、内臓脂肪と言われています。

 

隠れ肥満でも、ぽっこりお腹でも、内臓脂肪が多いことには変わりありません。

 

内臓脂肪が多くなると、糖尿病や高血圧など、生活習慣病のリスクが高まってしまいます。

 

ウエスト周りを測って、男性なら85センチ以上、女性なら90センチ以上だと危険と言われています。

 

そんな内臓脂肪は、名前からもわかるように、体の中の内臓周りにつく脂肪です。

 

内臓周りと言っても、どの内臓に脂肪がつくのか疑問に思う方もおられるでしょう。

 

内臓脂肪は、主に内臓の隙間に脂肪がつきます。

 

へその辺りで言うと、大腸や小腸の隙間に内臓脂肪がつくのです。

 

内臓脂肪があることで、内臓の位置を正常に保ったり、内臓への衝撃を守ってくれるので、無くてはならないものではありますが、多すぎると体に良くありません。

 

内臓脂肪が多い人は、バランスの良いヘルシーな食事と、適度な運動を取り入れて、内臓脂肪を減らすようにしましょう。

 

また、生活習慣を整えることも大切です。

 

寝不足やストレス、飲酒、喫煙、食事の回数、食事の時間などが内臓脂肪の増加に関係してくるのです。

 

年齢や性別によって内臓脂肪の適正値があるので、それを知り、その範囲内を保つように心がけたいですね。