内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と年齢の関係

 

内臓脂肪と言うのは、消費カロリーよりも摂取カロリーが多い場合に、余ったカロリーが体に蓄積されることで脂肪となり溜まります。

 

消費カロリーは、活動量が多いと増えますが、それよりも大切になるのが代謝です。

 

代謝が悪いと、脂肪を燃焼しにくくなるので、内臓脂肪が溜まりやすくなるのです。

 

その代謝ですが、年齢を重ねるごとに落ちてきてしまいます。

 

年齢を重ねると、筋肉量が落ちてきてしまいます。

 

代謝と筋肉は大きく関係しているので、筋肉が衰えると代謝も落ちてしまうのです。

 

中年太りと言うのは、年齢を重ねることによる代謝の衰えが原因とされています。

 

代謝が落ちないためには、筋肉を鍛えることが大切です。

 

年齢を重ねても筋肉が衰えなければ、代謝は悪くならずに、内臓脂肪も溜まりにくくなると言う訳です。

 

内臓脂肪が溜まってくると、生活習慣病のリスクが高くなると言われています。

 

と言うことは、内臓脂肪が溜まりやすくなって来ると、生活習慣病のリスクも高まってくると言うことになります。

 

肥満にならないだけではなく、健康のためにも内臓脂肪が増えないように、運動を取り入れて筋肉を鍛え、代謝をアップするだけではなく、食事内容や生活習慣にも気をつけたいですね。

 

年齢とともに代謝は落ちてしまうので、若いころと同じ食事をしていては、内臓脂肪はどんどん溜まってしまいます。