内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

有酸素運動が内臓脂肪を減らすのに効果的なのは何故ですか?

 

メタボリックシンドロームがよく知られるようになり、内臓脂肪と言う言葉もよく知られるようになってきました。

 

内臓脂肪と言うのは、内臓周りに溜まっている脂肪のことで、増えすぎると生活習慣病のリスクが高まるので、健康のためにも内臓脂肪の増えすぎには気をつけたいものです。

 

内臓脂肪を減らすために効果的なのは有酸素運動です。

 

有酸素運動は、息が切れない程度の運動のことで、ウォーキングや、自転車、水泳などがそれに当たります。

 

有酸素運動がどうして内臓脂肪を減らすのに効果的なのかと言うと、有酸素運動は一定時間続けることで、脂肪を燃焼してくれる効果があるからです。

 

人間の体は、まず糖分をエネルギーとして使います。

 

しかし、10分以上有酸素運動を続けることで、蓄積されている内臓脂肪を燃焼し始めます。

 

10分を過ぎてから脂肪が燃焼され始めるので、内臓脂肪を減らしたい人は、20分以上は有酸素運動を行うことをオススメします。

 

筋肉を鍛える無酸素運動は、筋肉を鍛えることで、脂肪燃焼効果をアップさせることはできますが、脂肪を燃焼してくれるものではありません。

 

ですから、内臓脂肪を減らしたいと思ったら有酸素運動を取り入れましょう。

 

初めは毎日できなくても、続けることが大切です。

 

有酸素運動の中でも、ウォーキングは効果的な運動です。

 

ウォーキングを取り入れて、内臓脂肪を燃焼させましょう。