内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

断食をすれば内臓脂肪は減りますか?

 

断食ダイエットが流行っていましたが、リバウンドをしやすいダイエット法ということでもよく知られていると思います。

 

断食ダイエットのやり方は色々ありますが、とても体に負担がかかるダイエット法です。

 

食べ物を摂らないのですから、体重がいっきに減るでしょう。

 

しかし、内臓脂肪はどうなのでしょうか。

 

食べ物を食べないと、体重は減りますが、内臓脂肪が減るとは言えません。

 

それどころか、食べ物を食べないことで筋力が低下し、代謝が悪くなります。

 

代謝が悪くなるということは、脂肪が燃焼しにくくなるということです。

 

また、食事を摂らないことで体が飢餓状態となり、危険を感じた体がエネルギーを余分に溜め込もうとします。

 

ですから、断食を止めて普通の食事になった途端、どんどん内臓脂肪を溜め込んでしまいます。

 

リバウンドを繰り返していると、内臓脂肪はどんどん増えて来ると言われています。

 

断食ダイエットは、その恐れがあるダイエットと言えます。

 

芸能人やスポーツ選手が断食ダイエットを行ったという話があったりしますが、その場合にはしっかりとトレーナがついて健康管理をしています。

 

内臓脂肪を減らしたい、ダイエットをしたいといって、知識もないまま断食をするのは危険です。

 

もし断食をするのなら、専用のトレーナーに相談しながら行うようにしましょう。