内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

オムロンの体重体組成計で内臓脂肪レベルはわかりますか?

 

体脂肪や内臓脂肪は、これまでCTでないと測ることができませんでしたが、最近では、体脂肪計や体組成計を使って、自宅でも簡単に測ることができるようになりました。

 

体重計と一緒になっているものも、色々な種類が販売されているので、体脂肪計や体組成計が自宅にある人も増えているようです。

 

体脂肪量や内臓脂肪量がわかることで、生活習慣病の予防など、健康管理にも役立ちます。

 

体脂肪計や体組成計は、色々なメーカーがあるようですが、中でもよく知られているのが、オムロンとタニタではないでしょうか。

 

オムロンから販売されている体重体組成計は、体重だけではなく、体脂肪率、内臓脂肪レベル、基礎代謝、体年齢、体幹皮下脂肪、骨格筋率、BMIなどを測定することができるようです。

 

内臓脂肪レベルは、0.5単位で細かく表示できますし、標準、やや高い、高いという3つの段階で判定をしてくれます。

 

ちなみに、標準と言うのはレベル0.5から10未満だそうです。

 

そして、内臓脂肪レベルなどの記録は、90日分を記録することができるものもあり、体の変化がわかりやすくなっています。

 

また、自分の内臓脂肪レベルが、同年代の平均値と比べてどこに当たるのかということも表示してくれます。

 

体重体組成計があると、内臓脂肪を減らすために頑張っている人の強い味方になりそうです。

 

自分の内臓脂肪レベルを知り、毎日の変化を記録できるのは、モチベーションの維持にもつながりますね。