内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と体脂肪率の関係

 

最近はダイエットをする人も多く、スリムな体型の人もたくさんいます。

 

しかし、見た目はスリムに見えても、体脂肪率がとても高い人も増えていると言われています。

 

脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類あります。

 

皮下脂肪と言うのは、目に見える脂肪ですが、内臓脂肪と言うのは、体の中の内蔵周りにつきやすい脂肪なので、目には見えない脂肪です。

 

ですから、見た目はスリムに見えても、内臓脂肪がたくさん付いていると言う人は、体脂肪率が高くなるのです。

 

最近は体重や見た目のダイエットばかりをしている人が多く、見た目はスリムなのに内臓脂肪が多い隠れ肥満の人が増えていると言われています。

 

体重が少なくても、足が細くても、体脂肪率が高いと、肥満ということになりますし、生活習慣病のリスクも高まります。

 

内臓脂肪と言うのは見た目にはわからないので、体脂肪率を測ることで知ることができるでしょう。

 

体組成計なら、内臓脂肪量レベルを測ることもできます。

 

ダイエットをする時には、体重を減らすことばかりを考えずに、体脂肪を減らすことを考えてダイエットをしましょう。

 

内臓脂肪は付きやすく減らしやすい脂肪と言われています。

 

バランスの取れた食事と適度な運動を取り入れて、内臓脂肪を減らすように努力しましょう。

 

生活習慣を整えることも効果的と言われています。