内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪とアルコールの関係

 

仕事の後のビールは、とてもおいしく感じます。

 

特に暑い季節はそれが楽しみで1日の仕事を頑張ると言う人もいるのではないでしょうか?

 

特にビールを好む人は、ビール腹といって、ぽっこりお腹になっている人もいるのではないでしょうか。

 

そのぽっこりお腹の原因は、内臓脂肪です。

 

アルコールと内臓脂肪は、切っても切れない関係にあります。

 

アルコールと言うのはカロリーはありますが、エンプティーカロリーと言われ、実際のカロリーはとても低いのです。

 

しかし、アルコールを摂取することによって、代謝を悪くしてしまうと言われています。

 

アルコールを飲む時におつまみを一緒に食べることが多いと思いますが、アルコールがそのカロリーを消費しにくくするため、カロリーが蓄積されやすいくなり、内臓脂肪となるのです。

 

また、アルコールを摂取すると食欲がアップしたり、揚げ物などカロリーの高いものをおつまみにすることが多くなり、高いカロリー摂取となるため、内臓脂肪の原因となってしまうのです。

 

また、お酒の後のラーメンなども、内臓脂肪のもとになります。

 

内臓脂肪を蓄積させないためには、アルコールの飲みすぎは控え、おつまみは、サラダやおさしみ、枝豆、冷奴など、低カロリーのものを選ぶようにしましょう。

 

おつまみを食べない方が良いと思うかもしれませんが、空腹でアルコールを摂ると胃に負担がかかり体に良くありません。