内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪とぽっこりお腹の関係

 

特に中年男性に多いぽっこりお腹の原因は何なのでしょうか?

 

ぽっこりお腹の中についている脂肪は内臓脂肪です。

 

内臓脂肪は、体脂肪の一つなのですが、体の中の内臓の周りにつくため、お腹周りがぽっこりする原因になるのです。

 

ぽっこりお腹の原因である内臓脂肪は、男性に付きやすいと言われています。

 

男性は、すぐにエネルギーを使用できるように、内臓脂肪を溜め込みやすいので、女性よりも内臓脂肪が付きやすいのです。

 

ただ、内臓脂肪は、皮下脂肪に比べてつきやすく落としやすいと言う特徴があるので、ぽっこりお腹が気になる人は、食事に気をつけたり、運動を取り入れたりしながら、内臓脂肪を減らすように努力してみましょう。

 

また、筋肉量の低下も、ぽっこりお腹の原因となります。

 

筋肉量が落ちてくると、基礎代謝が悪くなり、消費カロリーが低くなってしまいます。

 

ですから、余分なカロリーが蓄積されやすくなるのです。

 

年齢を重ねてくると筋肉量も落ちてくるので、ぽっこりお腹になりやすいのです。

 

内臓脂肪は内臓の位置を整えたり守ったりと役割があるので、全くないと言うのも困りますが、多すぎるとお腹がぽっこりするだけではなく、生活習慣病のリスクが高まることも考えられます。

 

男性の場合はお腹周りが90センチ、女性の場合は85センチ以上だと危険信号と言われていますので気をつけましょう。