内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪とリンゴ型肥満の関係

 

最近、メタボリック症候群が注目されています。

 

お腹周りが、男性なら90センチ以上で女性なら85センチ以上の人は、メタボリックの可能性が高いとされ、注意が必要となっています。

 

しかし、男性の方がメタボリックの危険が高いと言われています。

 

というのも、男性の方が内臓脂肪が付きやすいと言われているからです。

 

中年太りと言われるお腹ぽっこリ太りは、ビールっ腹とも言われますが、内臓脂肪が原因となっています。

 

内臓脂肪型の肥満のことをリンゴ型肥満と言います。

 

リンゴ型肥満は、体の中に脂肪がついている状態です。

 

内臓脂肪は、内蔵周りにつきやすい脂肪なので、上半身がぽっこリしてしまうのです。

 

ちなみに皮下脂肪型肥満は、下半身に脂肪がつきやすいので、洋ナシ形肥満と言われています。

 

内臓脂肪が多いと、高血圧や糖尿病など、生活習慣病のリスクが高まります。

 

ですから、食生活や生活習慣を見直し、適度な運動を取り入れて、内臓脂肪を減らし、リンゴ型肥満を防ぎましょう。

 

内臓脂肪を落とすには、有酸素運動が効果的です。

 

筋肉トレーニングを取り入れて筋肉を鍛え、基礎代謝を上げることも効果的ですし、有酸素運動の効果もアップさせてくれます。

 

内臓脂肪はつきやすいですが、落としやすいと言う特徴もあります。

 

体型のためにも健康のためにも、リンゴ型肥満を解消するように心がけましょう。