内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪とパイワンの関係

 

パイワンと言う言葉を聞いた事がありますか?

 

正確にはPAI−1で、Pはプラスミノーゲン、Aはアクチンベータ、Iはインヒビーターのことです。

 

パイワンは、内臓脂肪から分泌される悪玉アディポサイトカインです。

 

パイワンは、血液中の血液を固めやすくする働きがあるので、分泌されすぎると、血栓が出来やすくなり危険です。

 

また、血液が固まると言うことは、血流が悪くなると言うことになります。

 

血流が悪いと代謝が悪くなり、太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

 

ですから、さらに内臓脂肪が溜まりやすい体になると言うことです。

 

パイワン量は、内臓脂肪量と比例するとも言われています。

 

内臓脂肪が多いと、高血圧や高脂血症、動脈硬化などの原因となると言われています。

 

内臓脂肪は、つきやすく取れやすいと言う特徴があります。

 

ですから、お腹周りがぽっこりしてきたり、内臓脂肪レベルが高い場合には、食事や生活習慣を見直し、運動を取り入れて内臓脂肪を減らしましょう。

 

内臓脂肪を減らすことで、パイワンも減らすことができるので、内臓脂肪を減らすことは、健康のためにも良いと言うことになります。

 

内臓脂肪を減らすには、有酸素運動が効果的と言われています。

 

それに筋トレをプラスすることで代謝がアップし、脂肪燃焼効果が高まります。

 

効果的な運動を取り入れて内臓脂肪を減らし、動脈硬化などを引き起こすパイワンの分泌を減らしましょう。