内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪とアディポサイトカインの関係

 

脂肪細胞と言うと、脂肪の固まりと言うようなイメージがあるかもしれませんが、研究の結果、この脂肪細胞から色々な生理活性物質が分泌されると言うことがわかってきました。

 

その生理活性物質が、アディポサイトカインと呼ばれるものです。

 

アディポは脂肪で、サイトは細胞、カインは作動因子と言う意味を持ちます。

 

アディポサイトカインは、内臓脂肪などと関係しており、メタボリックシンドロームとも大きな関わりがあるのではないかと言われています。

 

アディポサイトカインには、悪玉と善玉が存在します。

 

肥満ではない正常な脂肪細胞からは、善玉アディポサイトカインが分泌され、肥満状態の脂肪細胞からは、悪玉アディポサイトカインが分泌されるのです。

 

そして、脂肪細胞から分泌される悪玉アディポサイトカインが、メタボリックシンドロームの元なのです。

 

内臓脂肪型肥満の場合、悪玉アディポサイトカインが分泌されやすくなるのです。

 

悪玉アディポサイトカインとして知られているものにパイワンがあり、パイワンが多く分泌されると、動脈硬化や高血圧、糖尿病などのリスクを高めてしまうのです。

 

内臓脂肪が増えると、ぽっこりお腹になるだけではなく、色々な病気のリスクが高まります。

 

善玉アディポサイトカインには、血管の炎症を抑えたり、がん予防にも効果があると言われています。

 

内臓脂肪型肥満の人は、食事や運動で内臓脂肪を減らし、健康のためにも正常な脂肪細胞とすることをオススメします。