内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪とアディポネクチンの関係

 

内臓脂肪が多くなると、パイワンの分泌を増やしたり、生活習慣病のリスクを高めたりする可能性もあり、体にとって悪影響を及ぼすことがあります。

 

ですから、最近メタボリック症候群も注目されていると言うわけです。

 

しかし、内臓脂肪が全くないと言うのも問題です。

 

内臓脂肪は、内臓を支えたり守ったりする働きの他、アディポネクチンと言う生理活性物質を分泌するのです。

 

アディポネクチンは、血管の炎症を抑えたり、コレステロールが蓄積されるのを防いでくれる効果があると言われています。

 

これを分泌するのは、良質な内臓脂肪です。

 

良質でなければ分泌量が減ると言うこともわかっています。

 

ですから、肥満状態であるとアディポネクチンがなかなか分泌されないと言うことになるのです。

 

アディポネクチンを分泌させるには、血圧や、血糖値、中性脂肪値を正常にする必要があるのです。

 

内臓脂肪が多すぎると、高血圧、糖尿病などのリスクを高めてしまうということからも、アディポネクチンの分泌の妨げになることがわかります。

 

最近、アディポネクチンは、胃がんや大腸がんなどのがん予防作用があると言うことも研究されています。

 

アディポネクチンは、体にとっていい影響を与えてくれる物質です。

 

体脂肪を良質なものとして、アディポネクチンの分泌を増やし健康な体を手に入れたいですね。