内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

青魚を食べて内臓脂肪を減らす

 

内臓脂肪は付き過ぎると、生活習慣病のリスクを高めてしまいます。

 

生活習慣病は発症してしまうと、完治するのが難しいので、発症するリスクを抑えられるように内臓脂肪を減らすようにしたいですね。

 

内臓脂肪を減らすには、有酸素運動が効果的と言われています。

 

しかし、運動だけではなく、食べ物に気をつけるのも良い方法です。

 

食べ物の中には、内臓脂肪を減らしてくれる効果があるものもあるので、それを取り入れることで、効率よく内臓脂肪を減らすことができるのです。

 

そんな、内臓脂肪を減らしやすくしてくれる効果のあるものの一つに青魚があります。

 

青魚とは、秋刀魚、さば、いわし、ぶりなどの魚で、ドコサヘキサエン酸(DHA)と、エイサペンタエン酸(DHE)などが多く含まれています。

 

この2つの成分は、内臓脂肪を燃焼してくれる肝臓のミトコンドリアを活性化させてくれるので、脂肪燃焼をアップさせてくれる効果があるのです。

 

また、血液中の中性脂肪を減らしたり、HDLコレステロールを増やしてくれる効果もあるようです。

 

DHAは、脳に効果を発揮してくれる成分として知られていますが、内臓脂肪を減らす効果もあるのですね。

 

とはいえ、青魚は油が多い魚も多いです。

 

食べ過ぎてしまっては、カロリーオーバーとなってしまいます。

 

青魚ばかり食べるのではなく、青魚を取り入れたバランスのいい食事を取るのがオススメです。