内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

タマネギを食べて内臓脂肪を減らす

 

家に常備されている野菜はいくつかあると思いますが、玉ねぎもその一つではないのでしょうか。

 

たまねぎは、生では辛味がありますが、熱を加えることで甘みが出るのが特徴で、色々な料理に使うことが出来ます。

 

そんな玉ねぎには、疲労回復効果があると言うことは知られていますが、それ以外にも脂肪燃焼効果があり、内臓脂肪を減らすのに効果的な食材です。

 

玉ねぎに含まれているイソアリインと言う刺激成分は、血液中の脂肪や糖を減らしてくれるので、血液をサラサラにしてくれるのです。

 

血液がサラサラになると、代謝アップ効果が期待できます。

 

また、イソアリインは、ビタミンCと結びつくことで、糖の代謝を活発にしてくれるのです。

 

そして、たまねぎにはケルセチンと言うポリフェノールの一種が含まれていて、脂肪と結合し腸内の余分な脂肪を絡め、便と一緒に排出してくれる効果があるのです。

 

このようなことからたまねぎには、内臓脂肪を減らす効果があるのです。

 

たまねぎは、薄くスライスして、水にさらして、シーチキンや鰹節、のりと合わせて醤油をかけて食べるのが簡単でオススメです。

 

酢にもダイエット効果があるので、酢を加えていためた玉ねぎもオススメです。

 

色々なアレンジができる玉ねぎを毎日の食事に取り入れて、美味しく食べて効率よく内臓脂肪を減らしましょう。