内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

酢の物を食べて内臓脂肪を減らす

 

メタボリックシンドロームの原因となる内臓脂肪を減らすには、有酸素運動や筋トレが効果的ですが、食べ物に気をつけることも大切です。

 

内臓脂肪を減らすには、栄養バランスの取れた食事をすることが大切です。

 

また、食品に中には、内臓脂肪を減らす効果があるものも色々あります。

 

その中の一つに、お酢があります。

 

お酢にはダイエット効果があると言うことは、よく知られていると思います。

 

内臓脂肪が溜まりやすい人は、肝臓に原因があることがあります。

 

肝臓が弱っていると、内臓脂肪がうまく燃焼できなくなるのです。

 

お酢には、この肝臓の脂肪燃焼をアップさせてくれる効果があるのです。

 

ですから、内臓脂肪を減らしてくれるのです。

 

お酢の1日の摂取量の目安は、大さじ2杯ほどです。

 

煮物やドリンクとして飲んでもいいのですが、酢の物は一緒に他の食材も取れるのでオススメです。

 

オススメの酢の物は、わかめときゅうりの酢の物です。

 

わかめは乾燥しているものを水で戻し、水気を切っておきます。

 

そして、きゅうりは薄い輪切りにして塩でもみ、水気を切っておきます。

 

お酢、塩、砂糖を合わせた合わせ酢を作り、わかめときゅうりを入れて混ぜ合わせます。

 

火も使わずに簡単に出来ますし、わかめには食物繊維も豊富に含まれています。

 

カロリーも低いので、たくさん食べても安心ですよ。