内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪が溜まる仕組み

 

脂肪には2種類あり、内臓脂肪と皮下脂肪に分けることができます。

 

内臓脂肪と言うのは皮下脂肪とは違い、体の中につく脂肪なので、目には見えないのですが、内臓脂肪が多いと肥満の原因のなるだけではなく、生活習慣病のリスクが高まってしまうのです。

 

生活習慣病は1度かかってしまうと完治することは難しいので、病気にならないように予防をしたいですね。

 

そんな内臓脂肪は、どのように溜まっていくのでしょうか。

 

人は食事をし、カロリーを摂取します。

 

そして、運動や基礎代謝などで、そのカロリーを消費します。

 

しかし、消費カロリーよりも摂取カロリーが多いと、カロリーが消費されずに残ってしまいます。

 

それが体に蓄積され、内臓脂肪となってしまうのです。

 

内臓脂肪を溜めないようにするには、摂取カロリーを抑えたり、運動を取り入れたり、代謝を高めたりして、消費カロリーを増やすことが大切になります。

 

最近は食事も欧米化し高カロリーなものが多いですし、デスクワークなどで体を動かす機会が少ない人も多くいると思います。

 

内臓脂肪は皮下脂肪よりも減らしやすいと言うメリットがあります。

 

内臓脂肪を減らしたい人は、食事や運動、生活習慣に気をつけたいですね。

 

最近では見た目はすらっとしているのに内臓脂肪が多い隠れ肥満が問題となっています。

 

目には見えなくても、内臓脂肪が多い場合は、病気のリスクが高まるので注意しましょう。