内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

アボカドを食べて内臓脂肪を減らす

 

森のバターともいわれるアボカドは栄養豊富ですが、カロリーが高めで、内臓脂肪を減らすのには向かないような気がします。

 

しかし、アボカドには内臓脂肪を減らしてくれる効果があるようです。

 

アボカドには、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなど、本当にたくさんの栄養素が含まれています。

 

ビタミンEは抗酸化作用を高め、動脈硬化などを防いでくれる効果があります。

 

また、アボカドの20%は、不飽和脂肪酸であるオレイン酸で出来ています。

 

オレイン酸は脂肪分なのですが、動脈硬化や老化を防いでくれる効果があります。

 

アボカドを食べていると、コレステロールを摂り過ぎると言う心配もありません。

 

また、オレイン酸と言うのは、インシュリンの分泌を最適に整えてくれる効果があるので、内臓脂肪を減らすのに効果があるのです。

 

テレビなどで紹介されて話題になったオリーブオイルダイエット。

 

オリーブオイルにも、多くのオレイン酸が含まれているため、内臓脂肪を減らす効果があるのです。

 

アボカドは食物繊維も豊富なので、便秘改善の効果も期待できます。

 

糖分をほとんど含まないと言うのも安心ですね。

 

アボカドは生のままわさび醤油やドレッシングで食べてもいいですし、パスタにしたり、エビなどと炒めても美味しく食べられます。

 

内臓脂肪を減らす効果だけではなく、栄養もプラスできるのも嬉しいですね。