内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

リンゴを食べて内臓脂肪を減らす

 

昔から、リンゴを1日1個食べると医者を遠ざけると言われています。

 

リンゴの生産地でもある津軽地方の人は、高血圧の患者が少ないとも言われています。

 

リンゴはコレステロールや血圧を下げてくれる働きがあるようです。

 

それはリンゴに含まれるペクチンの働きだと言われています。

 

また、リンゴには血液をサラサラにする効果があるとも言われています。

 

血液がサラサラだと、代謝アップにつながり、内臓脂肪を減らしやすい体になるでしょう。

 

そして、注目したいのが、リンゴポリフェノールです。

 

リンゴポリフェノールには、筋力をアップさせ、内臓脂肪を減らしてくれる効果があると言う研究結果が出たのです。

 

黒豆や赤ワインなどにもポリフェノールが含まれていて、活性酸素を取り除く働きがあると言われていますが、筋肉アップや脂肪燃焼効果があるとわかったのは、リンゴポリフェノールが初めてのようです。

 

とはいえ、まだまだ研究段階であり、筋力がアップするメカニズムと言うのはわかっていないようです。

 

現在、内臓脂肪を減らすだけではなく、運動選手に効果が期待できないかどうか研究が進められています。

 

ちなみに、リンゴポリフェノールは、りんごの皮の内側部分に多く含まれています。

 

ですから、リンゴを食べる場合には、よく洗って皮ごと食べることをオススメします。

 

なかなか皮が食べられない人は、皮ごとジューサーでリンゴジュースにして飲むようにしてはどうでしょうか。