内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

ビタミンB群を摂取して内臓脂肪を減らす

 

内臓脂肪と言うのは名前の通り、内臓周りにつく脂肪なので、上半身がふっくらしやすく、リンゴ型肥満と言われます。

 

ビール腹と言われる中年男性のぽっこりお腹も、この内臓脂肪です。

 

内臓脂肪は増えすぎると、生活習慣病のリスクが高まってしまうため、内臓脂肪が増えすぎないようにしたいですし、増えてしまった内臓脂肪は減らしたいですね。

 

そんな内臓脂肪を減らしたい人にオススメなのが、ビタミンB群です。

 

ビタミンはお肌に良いと言うイメージがありますが、内臓脂肪にも効果的な成分です。

 

特にビタミンB群はダイエットに効果的な働きをしてくれるものが多くあります。

 

例えば、ビタミンB1は、糖質をエネルギーに換えてくれる働き、ビタミンB2には、脂肪をエネルギーに変えてくれる働き、ビタミンB6には、たんぱく質をエネルギーに変えてくれる働きがあります。

 

ですから、ビタミンを摂取することは内臓脂肪を減らすのをサポートしてくれる働きがあることになります。

 

ただ、ビタミンB群は水溶性なので、水に溶け出してしまいます。

 

野菜などに多く含まれている栄養分ですが、調理をする時には、煮汁も一緒に食べるようにしましょう。

 

洗う時にも長い時間水に浸し過ぎないようにしたほうがよさそうですね。

 

また、熱にも弱いので、できるだけ火を使わずに調理したり、熱を加える時間を短時間にするなど工夫して調理するようにしましょう。