内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

キノコキトサンを摂取して内臓脂肪を減らす

 

テレビで話題となっているキノコキトサンは、内臓脂肪を減らす効果があるとして、メタボリックシンドロームの解消に効果が期待されている成分です。

 

キノコキトサンは、名前からもわかるようにキノコ類に含まれている成分です。

 

同じような働きをするものに、キトサンがあります。

 

キトサンは、エビやかにの殻に含まれる成分です。

 

キトサンと比べて、キノコキトサンは主成分が100分の1しか含まれていません。

 

ですから、効果があるのは知られていたのですが、抽出が難しくなかなか利用されていませんでした。

 

しかし、最近ついに効率のよい抽出方法が開発されたことによって、一般的に普及してきた成分です。

 

キノコキトサンは、食べ物の脂肪分を包み込んでくれて、体の外に排出してくれる働きがあります。

 

超粘膜をコーティングしてくれる働きもありますし、脂肪を分解したり燃焼したりする効果があると言うこともわかっています。

 

また、血糖値やコレステロール、中性脂肪を下げてくれる効果もあり、メタボリックシンドロームを改善したい人やダイエットをしたい人にとっては嬉しい効果がたくさんある成分です。

 

キノコキトサンは、しめじ、しいたけ、まいたけなどのメジャーなきのこ類に含まれている成分です。

 

きのこ類は食物繊維も多く、カロリーも少ないので、ダイエットにはぴったりの食品です。

 

ただ、きのこ類だけからキノコキトサンを摂取するのは難しいかもしれませんね。

 

キノコキトサンはサプリメントにもなっているので、効率よく摂取したいならサプリメントを取り入れるのも一つの方法です。