内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪が多くなる原因

 

内臓脂肪が多くなる原因は、高カロリー、高脂肪などが大きいようです。

 

和食はカロリーも低く、栄養バランスの取れるメニューが多いのですが、最近は食生活も欧米化していて、高カロリー、高脂肪の食事を取る機会が多くなっています。

 

消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなると、消費されなかったカロリーが余ってしまい、体に蓄積されることで内臓脂肪となるのです。

 

ですから、まずは、食生活を見直す必要があるでしょう。

 

また、運動不足も内臓脂肪が多くなる原因の一つです。

 

パソコンを使って仕事をする人が増え、デスクワークが多くなったり、交通機関が発達したりと、現代は体を動かす機会が減ってきていると言えます。

 

体を動かさないと言うことは消費エネルギーが少なくなってしまうことにつながり、消費されなかったカロリーが体に蓄積されてしまうのです。

 

その他にも、睡眠不足やストレスなども原因と言われています。

 

そして、間違ったダイエットをしていても内臓脂肪がつきやすくなり、隠れ肥満となってしまう場合があります。

 

ダイエットをする時には、体重や見た目ばかりを気にするのではなく、内臓脂肪を減らすように心がけたいですね。

 

遺伝的に内臓脂肪が付きやすいと言う人もいるようですが、内臓脂肪を減らすには、やはり食生活の改善、適度な運動、規則正しい生活習慣が大切になります。