内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

タウリンを摂取して内臓脂肪を減らす

 

内臓脂肪は内臓周りにつく脂肪で、目には見えない脂肪です。

 

最近は見た目はスリムなのに、内臓脂肪型がたっぷりついている隠れ肥満が増加していると言われています。

 

隠れ肥満でも内臓脂肪が多いと、生活習慣病のリスクが高まってしまうので、自分の内臓脂肪量を知っておくのは健康のためにも大切なことです。

 

そんな内臓脂肪を減らすのには、色々な方法があります。

 

運動を取り入れて消費カロリーを増やしたり、代謝を上げると言う方法はもちろん効果的ですが、食べ物でも内臓脂肪を減らすことができます。

 

カロリーを抑えるのもそうですが、内臓脂肪を減らすのに効果的な成分もあるのです。

 

内臓脂肪を減らすのに効果的な成分の一つに、タウリンがあります。

 

タウリンは、イカやたこ、サザエなどに多く含まれるアミノ酸の一種で、肝臓で分泌される胆汁酸の分泌を促してくれる効果があります。

 

胆汁酸は、コレステロールを排出してくれる働きがあるので、胆汁酸の分泌が促進されれば、それだけコレステロールが排出しやすくなると言うことになり、内臓脂肪を減らすのにも効果的と言うことになります。

 

タウリンは、熱に弱く、煮汁などに溶け出してしまうので、調理する時には、薄味で煮て汁も食べるのがオススメです。

 

イカは低カロリーですし手に入りやすいこともあり、内臓脂肪を減らすレシピには最適な食材ではないでしょうか。