内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

速歩で内臓脂肪を減らす

 

内臓脂肪を燃焼するには、有酸素運動が効果的です。

 

有酸素運動には、ウォーキングやジョギングなどがあります。

 

ただ、ウォーキングというと腕をしっかり振ったり、腰をひねったりするという効果的な方法がありますが、それはなかなか取り入れにくいという人もいるでしょう。

 

特に、通勤通学などにウォーキングを取り入れようと思っている人には、なかなか難しいですよね。

 

そして、ジョギングも汗をかきやすく、通勤通学にはあまり向いているとは言えないでしょう。

 

そんな人には、速歩がオススメです。

 

速歩とは、簡単に言うと早歩きです。

 

通勤や通学を運動のために歩こうという人も、速歩なら取り入れやすいのではないでしょうか。

 

歩くといっても、だらだら歩くだけでは有酸素運動にはなりません。

 

少しスピードを上げて速歩にするだけで有酸素運動となり、脂肪燃焼効果が高まります。

 

そして、少し歩幅を大きくすることでも、効果をアップさせることができますよ。

 

また、筋肉を意識して歩くだけでも効果は変わってきます。

 

速歩も1日20分以上取り入れることで、脂肪をエネルギーとして使用し始めます。

 

なかなか時間が取れないという人は小分けにしても、トータルが20分以上になることで、効果を得ることができるのです。

 

小分けでも良いので、速歩を取り入れることで脂肪が燃焼しやすくなります。

 

週に3回ほどでも良いので、続けて内臓脂肪を減らしましょう。