内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

ジョギングで内臓脂肪を減らす

 

脂肪を燃焼してくれる運動は有酸素運動です。

 

有酸素運動には、ウォーキングや自転車、水泳など、色々な種類がありますが、ジョギングも有酸素運動になることがあります。

 

なることがありますというのは、ジョギングはスピード次第で無酸素運動にもなるのです。

 

会話をしながら走れるくらいの軽いジョギングなら有酸素運動ですが、息が切れるほどのスピードで走ると、無酸素運動となります。

 

有酸素運動のスピードなら、脂肪を燃焼してくれる効果が期待できます。

 

1日30分以上を目指しましょう。

 

そして、無酸素運動のスピードのジョギングなら、筋肉が鍛えられることになるので、代謝をアップさせて痩せやすい体を作ることが出来るのです。

 

自分がどちらの効果を得たいのかということを考えて、自分に合った方のスピードでジョギングをしましょう。

 

ジョギングは、足腰強化の効果も期待できますが、逆に考えると足腰に負担がかかりやすい運動でもあります。

 

ですから、自分の体の状態も考えて行うようにしましょう。

 

運動を続けるために必要なのは、自分に合っている運動かどうかです。

 

自分に合わないものは、つらくなってしまいなかなか続けることができません。

 

自分に合った運動を取り入れて続けることで、内臓脂肪を減らす効果が出てくるのです。

 

ジョギングも道具が必要なく、取り入れやすい運動です。

 

無理なく取り入れて内臓脂肪を効果的に減らしましょう。