内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

スイミングで内臓脂肪を減らす

 

内臓脂肪を減らすのに効果的な運動は、有酸素運動と言われています。

 

有酸素運動は20分以上行うことで、脂肪をエネルギーとして使用するので、内臓脂肪を減らす効果があるのです。

 

有酸素運動と言えば、ウォーキングやジョギングなどを連想しますが、スイミングも有酸素運動の一つです。

 

水の抵抗があるので運動負荷がかかり、運動効果をアップすることができますし、浮力があるので足腰に負担がなく運動を取り入れることができます。

 

水中ならではの効果が色々あるのがスイミングの特徴です。

 

スイミングと言っても、泳がなくてはいけないというものではありません。

 

泳がなくても、水の中で水の抵抗に逆らいながら歩くだけでも有酸素運動となります。

 

また、プールは体温よりも水温のほうが低いので、体は体温を下げないようにします。

 

そうすることで普段の運動よりも代謝を高めてくれ、エネルギー消費量が多くなるという効果もあります。

 

ただ、スイミングをするためには、プールがある施設まで行かなくいてはいけません。

 

そして、水着や水泳帽子、バスタオルなど、そろえなくてはいけないものもあります。

 

スイミングを始めるのは、必要なものをそろえたり、施設利用料など、少しお金がかかることも考えておきましょう。

 

体に負担がかかりにくかったり、陸上での運動よりも効果が期待できますが、施設に通わなくては運動ができないというデメリットなどもあります。

 

運動は続けることが大切です。

 

続けられるかどうかを考え、負担なく続けられる運動を取り入れましょう。