内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

ホットヨガで内臓脂肪を減らす

 

ヨガはハリウッドセレブが取り入れているということから人気が出ました。

 

最近では人気も高く、多くの人が取り入れているヨガですが、ヨガにもたくさんの種類があります。

 

パワーヨガ、マタニティーヨガ、アシュタンヨガなどがありますが、その中の一つにホットヨガと言うものがあります。

 

名前からなんとなくわかると思いますが、ホットヨガと言うのは、室温38度、湿度65%くらいの環境で行うヨガです。

 

室温も湿度も高めの中で行うので、汗をかきやすく、ダイエット効果が高いと言われています。

 

汗をかくと言うことはデトックス効果がありますし、毛穴の汚れも流してくれるので美肌効果もあると言われています。

 

そして、独特の呼吸法を取り入れながらポーズを取ることで、インナーマッスルが鍛えられ、内臓脂肪を燃焼してくれる効果があるのです。

 

また、脂肪を消費しやすい体を作ってくれるので、太りにくくなるとも言われています。

 

ホットヨガを自宅で行うには、ストーブなどで室温を上げます。

 

必ず水分を十分に取って行いましょう。

 

水分が足りないと脱水になったり、体に負担がかかってしまいます。

 

体に負担がかかるやり方は危険なので、ホットヨガはやり方をしっかりと守り行いましょう。

 

心配な人はスタジオなどでインストラクターの指導のもと行うようにしましょう。