内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

加圧トレーニングで内臓脂肪を減らす

 

加圧トレーニングは、女優の藤原紀香さんが行っているトレーニングとしても人気が出て、今でも多くの人が取り入れている運動です。

 

加圧トレーニングは、短時間で効果が出る方法としても人気です。

 

加圧トレーニングの方法は、腕や足の付け根に専用のベルトをつけて、血流を制限します。

 

その状態で筋肉トレーニングを30分から50分ほど行うことで、筋肉に乳酸がたまりやすくなります。

 

その乳酸が脳を刺激してくれるので、成長ホルモンが分泌すされやすくなるのです。

 

成長ホルモンは、内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させてくれる働きがあるので、内臓脂肪を減らすのにも効果的ということになります。

 

加圧トレーニングは脂肪燃焼に効果的な運動なのですが、加圧トレーニングを行うには専門的な知識が必要です。

 

自己流で圧力をかけてしまうと、危険なことがあります。

 

ですから、加圧トレーニングを取り入れるには、加圧トレーニングを行っているジムなどで、専門的なトレーナーの指示のもと行わなくてはいけません。

 

この為、ジムなどに通う時間がなかなか取れない人には、実践するのが難しいというデメリットがあります。

 

内臓脂肪を減らすために運動を取り入れるのももちろん効果的ですが、運動だけではなく食生活も見直してみましょう。

 

カロリーを消費しても、食べすぎていては効果がありません。

 

食事はバランスよく、カロリーを摂り過ぎないように心がけましょう。