内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

ロングブレスで内臓脂肪を減らす

 

俳優の美木良介さんが実際に行い効果的だった運動として、最近人気が高まっているのがロングブレスダイエットです。

 

ロングブレスと言うのは、名前の通り、長い呼吸を強く行うことで、効果的に筋肉を増やすことができるそうです。

 

筋肉を鍛えるのには、筋力トレーニングが必要と思っていましたが、呼吸だけで筋肉が鍛えられるというのはすごいですね。

 

しかも、1日2分で良いと言うことなので、忙しくてなかなか運動を取り入れることができない人にもオススメです。

 

やり方も簡単で道具も何も必要ありません。

 

足をクロスにして立ち、後ろ足に体重の90パーセントをかけます。

 

おしりに力を入れてえくぼを作り、この状態のまま3秒で息を吸って7秒かけて吐きます。

 

息を吐く時には、全身に力を入れて強くゆっくりと吐きます。

 

これを6回繰り返して、1分間を朝晩行うだけです。

 

基礎代謝が上がるので、内臓脂肪が燃焼しやすくなりますし、リバウンドもしにくくなるようです。

 

また、ダイエット効果だけではなく、冷え性や便秘改善、腰痛などにも効果があるようです。

 

内臓脂肪は増えすぎると、お腹がぽっこりするだけではなく、体に悪影響も出てきます。

 

内臓脂肪が多いと、生活習慣病のリスクが高まると言われています。

 

1日2分間のロングブレスを取り入れて、健康的でスリムな体を手に入れませんか?