内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪とメタボリックの関係

 

最近よく聞くようになったメタボリックシンドロームですが、ただの肥満のことを言うと思っている人も多いようですが、そうではありません。

 

メタボリックシンドロームは、内臓に脂肪が溜まっている内臓脂肪型肥満が原因で、いくつかの病気を引き起こしている状態のことをいいます。

 

ですから、内臓脂肪とメタボリックシンドロームは、大きく関係しているのです。

 

内臓脂肪が多いと生活習慣病のリスクが高まります。

 

内臓脂肪量を測るには、CTなどが必要になりますが、簡単にメタボリックかどうかを調べる方法にウエストを測ると言う方法があります。

 

男性なら85センチ以上、女性なら90センチ以上のウエストの人は、メタボリックシンドロームと判定されます。

 

お腹周りがぽっこりしているのは、内臓脂肪が溜まっていると言うことになります。

 

もし、内臓脂肪がたっぷりのメタボシックシンドロームと判定されたら、内臓脂肪を減らすようにすることが必要です。

 

内臓脂肪を減らすためには、バランスの取れた食事と運動が必要です。

 

運動といっても、筋トレで代謝を良くし、有酸素運動で効果的に内臓脂肪を燃焼させるのがオススメです。

 

メタボリック症候群の人にとって、食事制限も運動も大変なことでしょう。

 

しかし、健康のためにも、美しいスタイルのためにも、バランスの取れた食事と適度な運動を継続していくことが大切です。