内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と糖尿病の関係

 

糖尿病とは、血液中の血糖値が高くなっている状態です。

 

食べ過ぎやアルコールの飲みすぎ、運動不足、肥満などが原因と言われており、内臓脂肪と糖尿病は大きく関係しているようです。

 

高血糖と言うのは、メタボリックシンドロームの危険因子の1つと言われていて、他の危険因子と組み合わさることで、動脈硬化などの危険が高まると言われています。

 

また、脂肪細胞には、インスリンの働きをサポートしてくれるアディポネクチンという物質が分泌されるのですが、内臓脂肪が多くなるとアディポネクチンが分泌されにくくなってしまい、インスリンの効果が弱まってしまうのです。

 

インスリンは、糖分を分解し、細胞に取り込ませると言う働きをしているのですが、脂肪細胞の量が増えすぎてしまうと、インスリンの働きが間に合わなくなってしまい、高血糖となってしまうののです。

 

内臓脂肪が増えすぎてしまうと、高血圧症、糖尿病などのリスクが高まってしまうので、糖尿病を防ぐには、内臓脂肪減らすことが必要になります。

 

食べ過ぎ飲みすぎは控え、バランスのよい食事を摂るようにしましょう。

 

また、適度な運動を取り入れることも大切です。

 

有酸素運動は脂肪を燃焼してくれる運動です。

 

糖尿病は、高血圧症の次に多い症状で、国民病とも言われています。

 

肥満の人は健康のためにもスタイル維持のためにも、内臓脂肪を減らすようにしましょう。