内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と高コレステロール血症の関係

 

内臓脂肪が溜まっていると、お腹がぽっこりしてしまいます。

 

中年太りなんて言われる事もありますが、笑っていられるものではないのです。

 

内臓脂肪が増加すると、色々な病気を引き起こしてしまうからです。

 

その中の一つに、高コレステロール血症があります。

 

高コレステロール血症とは、脂質異常症の一種で、血液中にコレステロールや中性脂肪が多くなっている病気です。

 

血液中に脂肪が多くなっている状態で放っておくと、血管の内側に脂肪がどんどん溜まっていき、動脈硬化を引き起こしてしまいます。

 

そしてさらに進むことで、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまうのです。

 

高コレステロール血症も、動脈硬化もほとんど自覚症状はありません。

 

ですから、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてから気がつくのです。

 

この恐ろしい症状を防ぐためには、内臓脂肪を減らすことが大切になります。

 

内臓脂肪は体の中につく脂肪なので、見た目はスリムに見えるけれど、内臓脂肪がたっぷりついている隠れ肥満という人もいます。

 

それでも、高コレステロール血症や心筋梗塞などのリスクは高くなってしまうので、まずは自分の内臓脂肪量を知ることが大切です。

 

最近は体脂肪計や体組成計などを使い、自宅でも簡単に内臓脂肪量を測ることができるようになりました。

 

自分の内臓脂肪量を知り、適正値に保つことで、病気のリスクを下げることができます。