内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と動脈硬化の関係

 

内臓脂肪が多くなってしまうと、肥満になってしまうだけではなく、様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。

 

そのため、最近メタボリックシンドロームが注目されているのです。

 

内臓脂肪が増加するとで引き起こされる病気の一つに、動脈硬化があります。

 

動脈硬化とは、血管の壁が硬くなってしまい、血管が細くなっている状態です。

 

血管が細くなっているので、血液の流れが悪くなり、脳梗塞や心筋梗塞などの原因にもなってしまう恐ろしい病気です。

 

脳梗塞や心筋梗塞は、死に至ることもある病気なので、まずは動脈硬化を予防したいですね。

 

動脈硬化を予防するためには、内臓脂肪を増やしすぎないことです。

 

内臓脂肪は、消費エネルギーより摂取エネルギーが多くなると、余ったエネルギーが蓄積されたものです。

 

ですから、食事で摂取カロリーをコントロールしながら、運動で消費カロリーをアップするのが一番良い方法です。

 

また、運動をして筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がり、消費カロリーをアップすることにもつながります。

 

内臓の位置を正しい位置にしたり、内臓を守ったりする役割もある内臓脂肪ですが、内臓脂肪の量が多くなるとスタイル悪くするだけではなく、様々な病気のリスクも高めてしまいます。

 

スタイル維持だけではなく、健康維持のためにも内臓脂肪が増えすぎないようにしたいですね。