内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と心筋梗塞の関係

 

サッカー元日本代表だった松田直樹さんは、急性心筋梗塞で亡くなりました。

 

その他にも、徳光和夫さんやブラザートムさん、松村邦弘さんなど、多くの有名人が心筋梗塞を起こしています。

 

世直しのため日本各地を漫遊したという物語でも良く知られている水戸光圀も、心筋梗塞であったと言われています。

 

心筋梗塞は、誰にでも起こりうる病気ですが、予防することは可能です。

 

心筋梗塞を引き起こす原因の一つに、内臓脂肪の付き過ぎがあります。

 

ですから、内臓脂肪を減らすことで、心筋梗塞のリスクを低くすることができるのです。

 

心筋梗塞は、動脈硬化が大きな原因と言われています。

 

動脈硬化とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などが増加し、血管の壁についてしまい、血管が硬くなってしまっている状態です。

 

動脈硬化になり、血管が詰まりやすくなることで、心筋梗塞が起こりやすくなってしまうのです。

 

血液中に脂肪が増加してしまうのは、暴飲暴食が大きな原因であり、内臓脂肪増加のもとでもあります。

 

ですから、内臓脂肪が多い人は、心筋梗塞のリスクも高くなっているということが言えるのです。

 

内臓脂肪が多い人は、健康のためにも、内臓脂肪を減らすようにしましょう。

 

内臓脂肪はつきやすく取れやすい脂肪と言われているので、食事や運動、生活習慣などを改善することで減らすことができます。