内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と狭心症の関係

 

日本人の死因の第2位になっているのが心臓病です。

 

心臓病と言っても色々あって、その中に狭心症があります。

 

狭心症とは、冠動脈の血流が悪くなってしまい、一時的に心臓が酸欠状態となってしまっている病気です。

 

狭心症になると、胸の辺りが圧迫されたような苦しさや痛みを感じる人、あごやみぞおちの辺りに痛みを感じる人もいるそうです。

 

どの症状も数十分ほど痛みが続き、安静にしていると治るという場合もあるそうです。

 

この症状を繰り返すようならば、発作を抑える薬を使用した方がいいようです。

 

狭心症の大きな原因となっているのは、動脈硬化です。

 

動脈硬化が進むにつれて、狭心症や心筋梗塞などを引き起こしやすくなっているのです。

 

そして、その動脈硬化の原因になるのが内臓脂肪です。

 

狭心症や心筋梗塞で亡くなった人の健康診断結果を調べてみると、殆どの人が肥満だったり、高血圧、高血糖、高脂血症などの症状があるそうです。

 

狭心症はある日突然起こるものですが、予防をすることはできます。

 

狭心症を防ぐためには、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病と言う4つの危険因子を取り除くことです。

 

どれも、内臓脂肪が多く蓄積されることで起こりうる症状なので、内臓脂肪を増やさないようにしましょう。

 

そして、内臓脂肪が多い人は減らすようにすることで、狭心症のリスクを減らすことができます。

 

暴飲暴食や運動不足、睡眠不足などを改善することが、内臓脂肪を増やさず、病気のリスクを下げる方法でもあるのです。