内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪と乳がんの関係

 

ダイエットをするとなると、体重や見た目ばかりを気にしてしまいませんか?

 

体重や見た目と言うのは、意外と簡単に減ってしまうものなのですが、内臓脂肪や皮下脂肪を減らすと言うのはなかなか難しいものなのです。

 

内臓脂肪は付きやすく取れやすい脂肪なのですが、たくさん蓄積されてしまうと、様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。

 

内臓脂肪は男性に付きやすい脂肪と言われていて、糖尿病や高血圧などの症状がよく知られていますが、女性にもこのような病気のリスクがありますし、乳ガンを引き起こす原因ともなってしまいます。

 

内臓脂肪や皮下脂肪が溜まってしまうと、その脂肪の中にホルモンが蓄えられてしまいます。

 

すると、ホルモンのバランスが崩れてしまって、乳ガンを発症しやすくなるのです。

 

ホルモンバランスが崩れるので、その他にも生理不順や、不妊症の原因にもなってしまいます。

 

ダイエットをする時に大切なのは、体重ではなく内臓脂肪や皮下脂肪を減らすことです。

 

内臓脂肪を減らすためにバランスの取れた食事や、適度な運動を取り入れましょう。

 

また、筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなるので、筋トレも効果的です。

 

生活習慣が内臓脂肪が増加する原因となっていることもあるので、今の生活習慣を見直したり、ストレスを溜めないようにすることも大切です。