内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪型肥満とは何ですか?

 

肥満と一言で言っても、内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の2つに分けることができます。

 

体脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があり、そのどちらかの脂肪が多いことで分けることができます。

 

皮下脂肪型肥満と言うのは、皮膚の下に脂肪が溜まっている皮下脂肪が多い肥満で、お尻から太ももにかけて脂肪がつきやすくなっています。

 

それに比べて内臓脂肪型肥満と言うのは、内臓周りにつく内臓脂肪が多い肥満のことで、お腹周りがぽっこりします。

 

内臓脂肪型肥満は、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病のリスクを高め、脳梗塞や心筋梗塞などの発症の原因にもなると言われています。

 

最近は見た目はスリムなのに、内臓脂肪がたっぷりとついている内臓脂肪型肥満と診断されている人が増えているようです。

 

内臓脂肪は体の中につく脂肪なので、目には見えません。

 

目には見えなくても、たっぷりついているということは、生活習慣病などの病気の危険性が高くなります。

 

健康を保つためにも、自分の内臓脂肪量を知ることはとても大切です。

 

内臓脂肪は体脂肪計や体組成計で測ることができるので、まずは内臓脂肪量を知り、内臓脂肪型肥満にならないように毎日の生活を見直してみましょう。

 

バランスのよい食事や適度な運動を取り入れて、内臓脂肪を減らし、内臓脂肪型肥満を予防改善しましょう。