内臓脂肪を効率的に減らしてぽっこりおなかを解消する方法

内臓脂肪面積(VFA)とは何ですか?

 

内臓脂肪面積(VFA)と言うのは、体についている内臓脂肪の面積のことです。

 

多ければ多いほど内臓脂肪が多いということになり、メタボリックシンドロームになりやすいと言われています。

 

正しい内臓脂肪面積を測るには、X線CT装置で測ります。

 

内臓脂肪面積を測り、100平方センチメートル以上なら、内臓脂肪型肥満と診断されます。

 

もし、内臓脂肪面積が100平方センチメートル以上なら、脳梗塞や動脈硬化になる可能性が高くなると言われています。

 

また、見た目はスリムなのに、内臓脂肪がたっぷりついている隠れ肥満の人も内臓脂肪面積が基準値を超えていると、同様に高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが高くなります。

 

とはいっても、自分の内臓脂肪面積を知るために、わざわざ病院にCTで測りに行くという人は少ないでしょう。

 

そんな時には、お腹周りを測ってみましょう。

 

男性の場合にはお腹周りが85センチ以上あった場合、内臓脂肪面積が100平方センチメートルに相当すると言われています。

 

女性の場合には、お腹周りが90センチ以上です。

 

男性と女性で数値が違っているのは、女性は比較的皮下脂肪がつきやすいからです。

 

お腹周りを測るなら、自分で簡単に出来ますね。

 

内臓脂肪面積を知ることは、健康管理にも役立ちます。

 

自分の内臓脂肪面積を知り、メタボリックシンドロームにならないように心がけましょう。

 

ちなみに、内臓脂肪面積が基準値の100平方センチメートル以下なら、皮下脂肪型肥満となります。